2012年06月07日

6月7日と言えば(゚Д゚)!!

そう、TOKYO JUNGLEの発売日ですよヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノ!!



ぬかりなくAMAZONで予約購入していたので、早速2時間ばかし遊んでみた(=ω=)

一応主人公ポジのポメラニアンでプレイ開始(`・ω・´) 動作が機敏過ぎてちょっと違和感あるけど、操作性は悪く無い。
獲物に気付かれないように背後からこっそり近付いて仕留める動きとかは、懐かしの天誅シリーズを彷彿とさせるな(=ω=)

最初はストーリーモードはロックされてるので、まずはサバイバルモードから。

ゲームの基本的な流れは単純で、餓死しないように獲物を狩って捕食しつつエリアを縄張りにして、メスを巣に連れ込んで世代交代という流れを繰り返すだけ。

『この餓死しないように』ってのが結構切実で、空腹ゲージは時間とともにメリメリと減って行くから、ちょっとボーっとしてるとすぐに生命の危機が訪れるwww
空腹ゲージが0になって、生命力が削られた状態で、やっと見つけたウサギに逃げられた時の絶望感とか、正に野生って感じですよ(`;ω;´)

ちなみに、初プレイでは1回も世代交代できないままに餓死。2回目は4代まで世代交代して、4匹の群れになってかなり無敵な気分だったんだけど、突然現れたシマウマに全員蹴り殺された(´・ω・`) 愛玩動物と野生の差を思い知らされたぜ……orz

サバイバルモードのフィールドには、『アーカイブ』というストーリーの核心に迫るメモが落ちている。飼育員のメモとか、獣医のメモとか、まぁ、バイオハザードで言う『かゆ…うま…』みたいなヤツですな。集めていけば真相が見えてくる的な。
そのアーカイブを一定数集めると、ストーリーモードのシナリオがアンロックされて、ストーリーをクリアすれば、サバイバルの方に新しいアーカイブが現れるって仕組みらしい。
サバイバルとストーリーを交互にやっていけばいいワケだ(=ω=)

サバイバルの方も、ただスコア稼ぐだけではなくて、チャレンジリストという小目標群があるので、ゲームの根幹は単純だけど結構遊び甲斐のある作りになってそう。
後は、使う動物によってどれだけゲーム性が変わってくるかがカギかな〜。そこが良い感じならなかなかの良ゲーになりそう(`・ω・´)

オフラインのみだけど、2人同時プレイも可能。2人で遊ぶのも結構面白そうだな〜。オンラインで遊べないのが残念だ(´・ω・`)

そんなワケで、第一印象は『これ面白いんじゃね?』って感じですた(=ω=)
プラモも作らなきゃならないし いつ積むかわからんけど、しばらくはちょこちょこ遊んでみようと思うぜ(・ω・)ノシ


あ、そういえば今日は年齢が1つ増える日でもあったような気がする(=ω=)
posted by ダイゴロン at 23:19| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。