2013年03月18日

【ライジング】第二次OGプレイ日記第55話【メテオ】

次回から2話セットみたいな話が続くので、ちょっと短いけど1話分だけ上げるぜヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノ


■第55話 雷迅昇星

『ちょっとガイアセイバーズと戦ってこいよ』って言われた所に量産型ジンライ共が攻めて来たぜ、というお話。

相手は山盛りの量産型ジンライ。 こっちは初っ端から全機出撃なんだけど、トウマの雷鳳がイベント枠でツイン不可状態(´・ω・`)
この状態で、SRポイント取得条件が、2ターン以内にトウマが量産型ジンライを5機撃墜する事。 なかなか厳しそうだけど、量産型が雷鳳狙う仕様ならどうにかなるかな〜。

量産型のツインを2ユニット削っておいて、雷鳳を突貫させてライトニングフォールで1ユニット撃破。1EPの反撃でもう1ユニット撃破して、2PPでさらにもう1ユニットを削って撃破させて合計6機。SRポイントゲットヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノ
これでこのステージでの雷鳳の仕事は終わりだな。後ろに引っ込んでてもらおう(=ω=)

と、思ったら、さらに数機撃破した所でイベント発生。 トオミネ博士が雷鳳をバーサークさせたり、それに対抗してミナキがシステムLIOHを破壊したりとなんだかんだあって、結果的には雷鳳に必殺のライジングメテオが追加(`・ω・´)
でも、雷鳳が敵陣で孤立する配置になってしまったぜ(=ω=;) まぁ、HPは満タンだし、分身あるから速やかに下がれば落とされる事はないだろうけど。

できるだけレベルの低いヤツに撃墜させる形で量産型を掃除。 これで二軍組のレベルがだいぶ上がった(`・ω・´)

移動しないヤツとか、PPでは防御する鬱陶しいヤツもいたけど、時間がかかるだけで苦戦はしない。

最後はトオミネ博士の乗った戦艦を撃墜してステージクリアヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノ トオミネ博士はこれで終わりか(=ω=) パイロットでは無いから仕方ないのかもしれないけど、GS艦長の乗ってる機体落として終わりだとイマイチ勝った気がしないな(´・ω・`)
posted by ダイゴロン at 21:25| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残りステージが少なくなると使える機会が少ないと思って育成熱が冷めてしまう。

ステージ数が決まってるゲーの永遠の課題かもしれないw
Posted by Hokkaido at 2013年03月18日 21:47
■道産子さん>
 終盤で育成熱が冷めるのはどんなゲームでも同じですよ(=ω=)
 シムシティとかも序盤の不安定な時期の方が面白かったりするしwww
Posted by ダイゴロン at 2013年03月22日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。