2014年07月09日

2014夏アニメ第1話雑感 その2

S.H.figuartsの電王アックスフォームが手頃な値段で手に入ってご満悦(`・ω・´)

魂web限定品だったからどこの店でも定価の倍ほどの値段で売られてるんだけど、ヤフオクで安めのが見つかって一発で落札できたぜヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノ
せっかくソードからライナーまで揃ってるのにアックスフォームだけ無いのは寂し過ぎるしね。手に入って良かった(´ω`*)
この教訓を活かして、11月発売予定のウィングフォームはしっかりと予約済みだぜ(`・ω・´)b

では、夏アニメ感想第二弾行きます( ・ω・)つ

■グラスリップ
 オリジナルアニメ。
 P.A.Worksお得意のご当地感あふれる青春物語。背景と舞台の雰囲気作りは流石の安定感(`・ω・´)
 メインの男キャラがちょっと特殊な感じだけど、とりあえずは良くも悪くもいつも通り。こっから爽やかに進むのかドロドロしてくるのか……(; ・`ω・´)

分類タグ:オリジナル、青春群像劇、ご当地


■白銀の意思 アルジェヴォルン
 オリジナルアニメ。
 割とベタな雰囲気のロボットアニメ。 新兵の主人公が偶然に謎の最新鋭機に乗り込むという王道中の王道展開。
 主人公機はシュっとしてるけど、量産機がフロントミッションのヴァンツァーみたいな無骨な感じでステキ(´ω`*)
 新型機の一言では説明できないくらい主人公機が別世代機に見えるんだけど、この辺は作中でしかるべき理由があって欲しい所だな(=ω=)

分類タグ:オリジナル、ロボット、戦記


■ソードアート・オンラインU
 ラノベ原作。
 電脳空間へのフルダイブ技術が確立された世界で、キリトさんが無双しながらハーレムを築き上げる話第二期。
 今回の舞台は銃で戦うゲーム「ガンゲイルオンライン」キリトさんがすっかり政府お抱えの電脳探偵的なポジションに収まっててワロタw まぁ話続けるには都合良いわな(=ω=)
 しかし、公的にリアルマネーが稼げるゲームって色々とヤバそう。現実にあったら、どっかの国みたいにネカフェで死ぬ人とかいっぱい出るんじゃないだろうか。

分類タグ:ラノベ、電脳空間、ネトゲ、ハーレム、中二病、主人公無双


■アルドノア・ゼロ
 オリジナルアニメ。
 あおきえい&虚淵玄のFete/ZEROコンビが手掛けるロボットアニメ。火星に移民した人類が地球に攻め込んでくるというガンダムちっくな話。
 キャラの顔見せをしながら世界観と現状の情報を伝え、さらに物語の起点となる出来事で締めるというお手本のような第一話だった。肝心のロボットがほぼ出てこなかったから、次回以降でその辺が気になる所。
 地球に攻め込んでくる火星の要塞を見た子供が「うわぁ、流れ星!」とか言っちゃうシーンとか、実に虚淵っぽいなぁと思った(=ω=)

分類タグ:オリジナル、ロボット、戦記、虚淵玄


■ガンダムさん
 ガンダムエース等で連載中の漫画原作。
 5分枠。シャアを中心としたSDギャグアニメ。
 キャラは基本SDなのにMSだけリアルなCGで、なんとも言えないバランス感。
 ナレーションに古谷徹を持ってきているものの、シャア役に池田秀一を引っ張って来れなかった辺りに限界を感じる(=ω=)

分類タグ:ショート、4コマ、ギャグ、スピンオフ、パロディ
posted by ダイゴロン at 21:46| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401381580

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。